未来図書館からのお知らせです
未来図書館ブログ

見前南中学校ご報告♪7年目7回目♪

7月1日、盛岡市立見前南中学校において、2年生140名を対象に未来パスポートを開催いたしました。
見前南中学校さんでは7年目、7回目の実施となり、これまで974名の見前南中学校生に出会ってきたことになります。生徒の皆さんはとても元気が良く、積極的に講師にどんどん質問する姿が印象的でした。それに、グループのみんなが頷いたり、真剣なまなざしだったりと、熱心な様子だけでなく、マスク越しでも、おそらくにこにこしながら講師とコミュニケーションをとっている雰囲気がどのグループからも伝わってくるのです。
それはきっと、講師の皆さんそれぞれが魅力的な方ばかりで、お話の内容はもちろんなのですけど、その表情や生徒の皆さんと向き合う姿勢が子ども達の心をつかむのでしょうか。講師の皆さん、生徒の皆さん、そして先生方の温かいご配慮とご協力のおかげで気持ちのよいプログラムが開催できたことに感謝しています。
それと、プログラム終了後、ある講師の方から、「感謝の心を育てる大切さ」についてお話がありました。
それはある時から日本人が忘れてしまっていたり、失ってしまっている習慣や文化、考え方にかかわるもので、考えさせられる内容でした。実は私も、未来図書館歴18年目の中で、ずっと感じていることがあります。
それは、毎日の中で、私自身が感謝の心を忘れていないかということです。
歴史上の人物や目立つ人はほんの一握りであり、殆どの人は、誰にも褒められることもなく存在を知られることもありません。しかし日常生活は、そうした名もない多くの人達がお仕事をし、お金は得られなくても暮らしを支える人々の思いがあって初めて成り立つもの。誰かのあたたかさに支えられなんとか生きていたり、賞をもらったり誰かに評価されることもなく、もしかしたら気づかれないかもしれないけれど、その人がいないと成り立たないこと、その人がいないと困ることのほうが、むしろ多いようにも思うのです。
もちろんそれは今、この世の中にいる人だけでなく、ご先祖様をはじめ多くの先人の皆さんの想いや歩みといった歴史があり、そうしたことをちゃんと心に刻みたいと感じていたのでした。
ということで、見前南中学校未来パスポートにかかわった、全ての皆様、本当にありがとうございました!!


子ども達の未来のためにご支援をお願いいたします

私たち未来図書館は、子どもと社会がつながることで、一人ひとりを尊重し合い、自分らしく幸せに生きていく社会の実現を目指しています。ご寄付やご協賛、自社商品やノベルティのご提供など、どうぞよろしくお願いいたします。