未来図書館からのお知らせです
未来図書館ブログ

下橋中かだるプログラムご報告♪

7月9日(金)、盛岡市立下橋中学校2年生62名を対象に、ソーシャルスキル育成講座&かだるプログラムを行いました。下橋中学校は、未来図書館の事務所から一番近い中学校なんです!秋には鮭が、冬には白鳥も見られる中津川沿いに位置し石川啄木や金太一京助なども輩出している伝統校で、なんと、未来図書館のキャリア教育支援校100校目として昨年は新聞やテレビで報道していただいたのでした。(過去ブログ「学校あれこれ~記念館のある学校」もご覧ください。)
なので、今年度もお申込みをいただき、ワクワクしながらのかだるプログラムだったのです。
それにしても、小学校の卒業式も満足に行えないまま始まった中学生活も4月、5月と休校となるという、つまり、日常生活が突然変わった経験をしてきた2年生の皆さんは、日々どんな思いを抱いているのでしょうか。
今回のかだるでは、「~ふるさと いわて~今、そしてこれから私達ができること」をテーマに実施しました。
その日のガチンコトークでも、中学生の皆さんの学ぶ姿勢に驚かされましたが、後日、学校で実施された事後学習のレポートを拝見して、びっくり!!
「以前は、世の中のルールに従う事が大事だと思っていたけれど、それに加え、なぜそのルールがあるのか、と考えることも大事だと考えが変わりました。つくられたルールには、必ず何かしら意味のあることで、その意味を知ることが必要であると学びました。…略・・」この中学生は、更に具体例をあげて深く掘り下げた考えをかだるに参加する前と後で変化したこととして、書いてくれたのです。
おそらく、日ごろの学校生活で、自分の考えを持つことやその考えを書いてまとめること、などの大切さが生徒の皆さんに伝わっているのでしょう。この日は、下橋中の卒業生の皆さんも沢山駆けつけて下さいましたが、言葉の節々に母校への誇りと愛がにじみ出ていました。
清々しい気持ちになるプログラムを開催でき、感謝です。先生方、生徒の皆さん、駆け付けて下さった全ての皆様、本当にありがとうございました!!

子ども達の未来のためにご支援をお願いいたします

私たち未来図書館は、子どもと社会がつながることで、一人ひとりを尊重し合い、自分らしく幸せに生きていく社会の実現を目指しています。ご寄付やご協賛、自社商品やノベルティのご提供など、どうぞよろしくお願いいたします。